このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国政府が麻薬密輸罪で死刑が確定した日本人について、新たに3人の刑執行を通告してきたことを受け、日本政府内では国民の対中感情の悪化を懸念する声が出ている。「アジア重視」を看板にしている鳩山政権としては、日中関係が邦人死刑問題で冷え込むのは避けたいところ。しかし、中国の司法制度に「介入」するわけにもいかず、対応に苦慮している。
 「国民感情に与える影響を踏まえ、政府としての懸念を表明する」。岡田克也外相は2日午後、程永華駐日中国大使を外務省に呼び、こう伝達。程大使は中国国内での麻薬取り締まりの重要性を説明する一方、「懸念表明について、正確に本国に伝えたい」と応じた。
 中国政府は先月29日にも、邦人死刑囚1人の刑を執行すると通告した。1972年の国交正常化後、日本人が死刑に処された例はない。
 外相は2日の記者会見で、「こういう形で4人が死刑になれば、国内世論に影響が及ぶ」と強調。「世論の中には適切に(中国での司法)手続きが行われているのかという声もある」と指摘した。  政治・経済 時事通信社



郷に入れば郷に従えと言うけれど、中国には中国の法律があり、それが公平かどうかは別として、法律に従って裁かれたわけで、その結果、死刑となったのであるから、それに対して日本側がどうのこうのと言うのは、言うべき事ではないと思われる。
彼の国の司法制度に口を入れるのは、内政干渉といわれるわけで、日本の内政にあれこれと注文をしてくる中国の事を批判する事は出来ない事になる。駐日大使を呼んで懸念を伝えたと言うけれども、この程度の事で対中感情が悪化するとは思えない。
それは、すでに日本国民の対中感情は、相当に悪化しているからである。

駐日大使が麻薬取締りの重要性を説明したのは、当たり前で自国内で麻薬の蔓延を防ぎたいから、今回の措置になった。
だから、日本政府が懸念を表明するのは「一応、こう言って置きましたよ」と日本国民向けにアピールしたに過ぎない。

4人死刑で国内世論に影響が及ぶとは思わない。日本国内でも麻薬に危険性には事有るごとに指摘されているではないか。問題視する方がおかしい。

言ってはなんだが、この4人に死刑執行されても日本国内で騒ぐのは、ミンス支持の連中だけだろう。一般の国民にとってみれば、
死刑はきついのではないかとは思っても、彼の国の法律を犯し、その裁判の結果そうなったのだから。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
強調文

 【ワシントン時事】岡田克也外相が29日午前(日本時間同日深夜)にホワイトハウスで予定していたジョーンズ米大統領補佐官(国家安全保障担当)との会談が急きょ中止となった。同補佐官がオバマ大統領のアフガニスタン訪問に同行し、会談予定時刻までに帰国できなくなったからだ。
 ホワイトハウスで外交・安全保障政策を統括するジョーンズ補佐官は元海兵隊大将で、軍の事情に精通している。突然の会談中止で、オバマ大統領直属の高官と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について議論する機会が失われる結果となった。  政治・経済 時事通信社


急遽中止と言う意味を良く考えて欲しいですね。
いまや鳩山首相の「ブレまくる」発言に痺れを切らしたと言うのが、アメリカの本音なのでしょうが、それに甘えて3月末までに
候補地を決めるとか言っていながら、「1日・2日のずれは何でもない」とまた「変節」一体この男の精神構造はどうなっているのか。
この記事にも有るとおり、ジョーンズ補佐官は「海兵隊大将」であり軍の事情に精通しているからこそ、岡田氏はジョーンズ氏との会談を希望していたのではなかったのか?

もともと、日米間で既に合意しており地元の意向も確認済みの事項であるにも関わらず、政権交代の一言で全ての合意をひっくり返し、
県外移設に執着してしまった事に、アメリカも鳩山政権を「見限った」と思われても仕方の無い事である。

本来、日本は戦後、経済復興を第一に自国の防衛を、他国に委ねたが故に、安全保障・軍事について全く思考停止の状態に
なってしまった事は、ある意味間違った道であったのかもしれない。自国の防衛は本当は自国で賄う事が当然の事であり、
他国に委ねる事が間違っているのである。
とは言え、沖縄と日本の存在している場所が、アメリカの国益にピッタリ有ってしまった事と、増長する中国の存在が
日本に他国(アメリカ軍)の駐留を、余儀なくされている。それが今の日本の防衛の現状だと思う。

いずれにしても、普天間の問題は、自民党政権が継続していれば今頃、辺野古沖合いに何事も無く移転していたはずで、些少な問題は有ろうけれど、それが日米両国の国益に合致したのであれば、スムーズに移転していたと思うと、
民主党を政権に付かせてしまった事は、我々国民有権者が間違った選択をしてしまったという事になろうかと思う。

参加してます。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

社民党の福島瑞穂党首は27日、横浜市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「この内閣で、(米領)グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアンに移すべきだという主張を、もっと発信力を高めて果敢にやっていく。鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官もきちんと説得したい」と述べ、国外への移設を求める考えを重ねて示した。  政治・経済 時事通信社



みずほたんよ、いつまでこう言う事を言っていくつもりなのかな?
社民党としての主張は結構だが、その前にあなたは日本の安全を保障する立場にいると言う事を忘れるな!政権政党ですぞ!

沖縄に米軍基地が集中しているという事、何故かを良く考えて欲しい。沖縄が存在している場所は地政学上、致し方ない事です。
東アジアの安全を保障するアメリカ軍が沖縄に展開しているのは、同盟国である日本・韓国・台湾を始めとする諸国を
中国軍の脅威から守る為に存在しているのが、アメリカ軍なのではないですか?当然各国の軍隊も自国の安全の為に存在し、
駐留アメリカ軍と共に行動する事に成るのです。だから沖縄に駐留しているのです。その駐留アメリカ軍が国外に展開したら?
日本とその周辺諸国の安全をどう保障するつもりなのでしょうか?自衛隊を増強しますか?なら憲法改正が必要ですよね?
そこへまだ「9条を守れ!」と言うつもりですか?それで、どうやって日本の安全を保障するつもりなのでしょう?

全く自分の置かれた立場が分かっていませんね。政権政党として失格ですし、政治家としても失格です。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

中井洽国家公安委員長は25日の記者会見で、交際女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたなどと報じた週刊誌記事について、「女性とは6年ぐらいのお付き合いで、週に1回掃除に来てもらっている」と説明した。
 中井氏は同日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面会。「私事でお騒がせします」と陳謝し、長官からは「十分気を付けてください」と言われたという。面会後、記者団から「辞任する考えは」と聞かれ、「どうしてですか。全然ない」と否定した。  社会 時事通信社



この女性が何者か?6年間交際しているのは良いとしても、もしこの女性が、どこぞの国の「スパイ」だったら?
そのような事を考える事は出来ないのか?週1回掃除に来てもらっている?そうですか。そう言えば事が済むとでもお思いか?
中井氏はすでに独身だから、女性と付き合おうが、何をしようが問題にするべき事では本来無い筈なのです。
人の人生だから、本当なら「どうぞご自由に」と言いたい所なのですが、今回ばかりは事情が異なりますな。

議員宿舎は「公舎」ですね。国民の税金で作られた建物であり、議員活動を行う為、ここの宿舎を活動の基点にすべきところです。
そこへ、女性を連れ込もうとするのは、如何なものか?民主マンセーの方々は問題視しないのですかな?連れ込むのなら自宅へどうぞ!では有りませんか?

平野長官も「十分気をつけて下さい」とだけ言って、大臣更迭の話も出ない?自浄作用がないですな。この政党には。
で、大臣自身も辞任する必要もないと思っているらしい。
しかし、彼らの親分である鳩ポッポは、以前麻生内閣の鴻池大臣が同じような不祥事を起こした時に、「一大スキャンダルだ!」
といって大騒ぎしましたよねぇ・・・あの騒ぎは何だったんですかね?ここにも鳩ポッポは「ダブルスタンダード」で
押し通すつもりなのでしょうか。

いずれにしても中井氏も官房長官も、「選良」と言われる自分たちの立場が判っていない。そう言う事なのです。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
少し前ですが、3月20日は大東亜戦争での硫黄島の戦いが終結した日です。
栗林忠道陸軍中将(戦死後大将)以下2万名の日本軍将兵が玉砕しましたが、それ以降も散発的な戦闘が続き、最後の日本兵が投降したのは昭和21年だったと言います。

さて、この硫黄島の戦いで2万名の日本軍将兵が戦死しましたが、それ以上に2万名以上の戦死傷者を出したのが対戦相手の
アメリカ海兵隊でした。この海兵隊は勇猛果敢で知られていますが、この硫黄島戦でいわゆる戦争恐怖症者を出したそうです。戦争恐怖症と言えば聞こえは良いが、言ってみれば勇猛な海兵隊員でさえ「怖気づいた」という事になります。

それは何故でしょうか?

日本軍将兵は海兵隊員を上回るほどの、勇敢さを持って戦ったと言う事に尽きます。
と言うのは、日本軍は最後の一兵まで本当に戦うと言う事を、平気でやる。例え銃弾で打ち抜かれようが、足を引きずりながらも
アメリカ軍の陣地に迫って手榴弾を投げ込むとか、そういう事で一人でも多くのアメリカ兵を倒す事を言わば「使命」に感じて、
そして最後は華々しく散っていったのです。

アメリカ軍の歩兵操典には、最後どうしようもなくなったら投降する事を良しとすると書かれていて、日本兵の様に「死」を当然の事として戦う事が無いから、アメリカ兵は「怖気づいた」のだと考えます。

「軍人勅諭」だったか、「死は鴻毛より軽き」ものとされましたが、この鴻毛とはコウノトリの毛の事で、人間の命は鳥の羽毛よりも軽きものだとされた事が、日本兵の行動に如実に現れています。
最後は「死」あるのみ。そしてその命は国に捧げられ「神」として祀られる。そう言う事が解っているから、最後の一人まで十分すぎる位に戦うのです。

いま、振り返ってみて「命」や「死」と言うものを余りに軽んじていないかと考える事があります。テレビドラマなどでも人が平気で
殺される場面が結構多いですよね。だから「命」「死」をとんでもなく軽く感じられてしまうのです。まぁドラマですからその点を
差し引いて見るべきなのですが・・・

国会議員が労働組合から資金など丸抱えで選挙に臨み当選する。その資金が間違っている物であるにも関わらず、自分は関係ないなどと言い放ち、議員活動で汚名挽回するとか、政党を作っては壊し本来ならば国庫返納が筋であるのに、その資金を自分の懐に入れ、貯まった資金で土地を買い漁る幹事長がいたり、また母親から資金提供を受けながら、自分のあずかり知らぬ事としらばっくれる総理大臣がいるなど、この国の「選良」と言われる人たちは、自分の身に疑いがかかっても、平気の平左でいるのが多い。こういう連中をかの戦争で戦死した人たちが見たら、どう思うか?

我々はこんな国にするために、自分の命を捨てたのではない!
多分こう言うでしょう。自分に恥じる所が有るのであれば本来は、直ぐに身を引く事が当たり前なのに、その地位に汲々とし、椅子にしがみ付こうとする。見苦しいに程があると思いませんか?

いずれにしても今の日本人から「恥」と言う言葉がなくなりつつある現在、あの戦争で死んでいった人達を思う事は、
本来の日本人の姿を問い直す行為であると思います。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。