このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三重県無形民俗文化財に指定されている多度大社(桑名市)などの「上げ馬神事」が、動物虐待との声を受け揺れている。県教委は「伝統だとは思うが、現代風に改める必要があるのでは」と指摘。15日に開かれる県文化財保護審議会にこれまでの経緯などを報告した上で、9月に指定の当否を判断することになった。
上げ馬神事は、地元7地区の青年会などでつくる「御厨(みくりや)」と呼ばれる組織により大社に奉納され、高さ約2メートルの土壁を駆け上がった馬の数で豊作凶作を占う。馬を興奮させるため竹やはんてんでたたいたり、ササの葉で急所を刺激することもあるという。
1996年以降、複数の動物愛護団体が「動物虐待に当たる」と主張し、指定取り消しを要望。県は、御厨との協議や馬の習性を学ぶシンポジウムを通じ、「不適切な扱い」の改善を求めてきた。しかし県によると、昨年もたたくなどの例があったという。
県内の動物愛護団体代表の女性(62)は「見物人から『かわいそう』『もう来年は見たくない』との声も聞こえる。誰が見てもいい祭になるよう考えてほしい」と訴える。



これが動物虐待になるのであれば、競馬はどうか?ギャンブルの対象となり、ムチで叩かれもし競走中に骨折でもしようなら
薬殺処分になるが、これは虐待以上のものではないか?伝統は伝統として保存すべきで、動物虐待に当たるから中止せよとは
今話題の、シー・シェパードと同じではないか?

この神事は古来から伝わる行事であり、作物の豊作か凶作かを占う地域では重要な行事である。
もし、これを動物虐待の一言で、行事を止めるのであれば、同様の行事は全て中止される事となるのではないか?

動物虐待になるかどうかは、馬に聞いてみろ!と言いたくなる。現代風に改めるとはどう言う行事になるのか?
この動物愛護団体代表の女性は、日本の伝統文化を何と考えるのか?見物人が「かわいそう」「来年は見たくない」と言う発言も、
本当に言った事なのか解ったものではない。こうやってマスコミはスケープゴートを作り上げ、地域の伝統文化を破壊していく。

この女性、そういうならば、韓国の犬食い習慣を批判したらどうか?この程度の神事に非難の声を上げるのであれば、
もっと残酷な犬食いを止めるべく行動すべきではないか?

参加しています。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/94-b56ec2d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。