このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://nov.2chan.net/35/src/1265694627375.jpg 小沢氏や民主党政権幹部の出自が良く解ります。


【ソウル時事】岡田克也外相は11日午前、ソウル市内で韓国の柳明桓外交通商相と会談し、「未来志向」の日韓関係を強化していくことを確認した。永住外国人に地方参政権を付与する法案について、柳外相が「期待している」と表明したのに対し、岡田外相は「政府として検討中だ」と説明した。
今年は日韓併合から100年の節目に当たる。会談後の共同記者会見で岡田外相は「痛みを覚えている被害者の気持ちを忘れてはならない。これからの100年を見据え、真の未来志向の友好関係を強化したい」と強調。柳外相も「近くて近い関係にして、友好関係を発展させたい」と述べた。   政治・経済 時事通信社


在住外国人参政権問題について、岡田外相が「政府として検討中」だと発言した事は、事の次第によっては重大な外交問題に発展する可能性を秘めている。もしこの法案が国会を通過せず、廃案になったらどう責任を取るのか?辞任するか?

また日韓併合100年の節目で「被害者の気持ちを忘れない」と言う事を言ったが、被害者とは誰のことか?
日韓併合は国際的に認められた条約に基づいて実施され、その当事国である当時の大韓帝国からも日本との併合に賛成する人たちも多く居た。だから併合したのであって、欧米諸国の様な強引な併合をしたのではまったく無い。
その併合後の朝鮮半島は、大日本帝国朝鮮地方となって一体化が進んではいた。しかし徴兵制は最後の最後まで敷かれず、昭和19年になってようやく徴兵制となりました。それまで日本軍人となるべく多くの朝鮮人が志願したとされています。
その中でも陸軍中将になった人も居れば、戦後大統領と成った朴氏は陸軍中尉でした。特攻死した軍人さえ居ます。
こういう人たちの気持ちを忘れないのは当然です。

「真の未来志向の友好関係を強化」とも言ったが、いつもいつも友好関係を壊そうとするのは韓国側であって日本に非は無い。本当に友好関係を強化しようとするのであれば、反日教育を今すぐに止め、竹島問題で日本側が既に提訴している国際司法裁判所に韓国側も出廷すべきであり、ここで竹島問題に終止符を打たせるのが筋である。
また日本海を「東海」「朝鮮海」に変更しようとする運動を行っているが、すでに国際的に認められた日本海の名前を韓国側の都合で勝手に変更するのは、如何なものか?
従軍慰安婦やら強制連行やら、これらの問題は日本のサヨク勢力が勝手に作り上げ、それを韓国側に「注進」した事が問題の発端であって、だから日本政府がこれらの問題を解決しようとして韓国で調査をしても資料がまったく発見できなかったのは当然である。

話は戻るが、外国人参政権問題は憲法違反であり、日本国民にとって不必要な法案である。民主政権の幹部が悉く、朝鮮出身者もしくはその関係者であるが故に、この法案成立に躍起になっているのだろうが、そもそもマニュフェストに載っていない事を急いでやる事は無し、日本の国会議員がこの様な法案の作成を行うべきではない。それは日本国民のためには全くならないからである。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
断固阻止!
読売新聞が投稿欄「気流」の日曜版「日曜広場」で『外国人参政権を考える』をテーマに投稿を募集しています。

参政権反対の投書をお願いします。

締め切りは2月17日必着です。

▽330字程度で▽職業、氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号を明記

▽匿名は原則不可

▽あて先〒103-8601郵便(株)日本橋支店留、読売新聞東京本社「気流」係

ファクス=03-3217-8229

メール=tousho@yomiuri.com(投稿文はメール本文として送る)

以上



もうメールでしか間に合いませんが・・・
2010/02/14(日) 22:10 | URL | coffee #-[ 編集]
ランクリ
ランクリ
拍手
2010/02/14(日) 22:11 | URL | coffee #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/92-ff6b6395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。