このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民党を離党し、その動向が注目されていた田村耕太郎参院議員は8日、民主党の小沢一郎幹事長と会談し、
入党の要請を受け入れることを伝えた。これで参議院でも民主党は国民新党なども含めた会派で単独過半数を占めることになり、社民党の賛成がなくても法案の可決が可能になった。
この入党を巡り、ツイッターで田村議員が逆ギレしたとネット上で話題になっている。


この田村議員は当初自民党公民議員として選挙にでて当選しましたが、自民党を離れて民主党入りを決めました。
そして、8日正式に民主党議員となったわけです。

しかし当初、この田村氏は自民公認候補で出馬しましたから、選挙民は少なくとも「自民党公認・田村耕太郎」へ投票した訳ですから、民主党入りは選挙民に対する「背信行為」に他なりません。この辺の事情説明を選挙民に対して行った形跡は
有りません。少なくとも、民主入りを決めた事情を、説明する義務がこの田村議員には有ると考えられます。

選挙に出ようとする人は、無所属で出る以外、自らの政治理念によって所属する政党を決めるものと思いますが、
そこで理念に基づいて出馬し、当選党所属議員となったにも関わらず、理念と違うから離党し他の政党に入るのは、如何か?
他の政党に入るという事は、今までの自身の政治理念を曲げる事に他ならず、議員自身に理念そのものが最初っから無いに等しい事を指すのではないでしょうか。そういう人間が議員として存在している。おかしいと思いますね。

まぁ、民主党の幹部も多くは元自民党所属だった訳ですし、その人たちの行動を見れば、政治理念などまったく無く、
ただ単に数合わせで一つの政党に集まっただけの事。そんな烏合の衆にまともな政策など造れるはずも無く、それが今の混乱した政治に繋がっているのだと思います。

もっともこの田村議員は、ツイッターで逆ギレしているくらいですから、もともと人間的に褒められた人ではなかったようです。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/91-8fb7c80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。