このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野田佳彦財務副大臣は31日のNHK番組で、2011年度からの子ども手当の満額支給(中学卒業まで1人当たり月額2万6000円)について「難しい。ハードルは高く、これからの作業になる」と述べた。財政状況が厳しい中では衆院選マニフェスト(政権公約)通りに実現するのは困難との見通しを示したものだ。
 具体的な支給額については、野田副大臣は「(11~13年度予算の枠組みを示す)中期財政フレームをこれから(6月までに)策定する。3年間の歳出計画や歳入見通し、歳出削減をどうするのかを検討する中でやっていく」と説明した。さらに番組出演後、記者団に「(満額支給は)普通では困難なので、どういう(歳出・歳入での)知恵を出すのかだ」と語った。  政治・経済 時事通信社



野田副大臣の発言。衆議院選挙前に言って欲しかったですよね。
結局あれだけ騒いでおきながら、予算が無いから出来ない。と言う事ですよね。

民主党のマニュフェストでは、子供手当て・高速道路無料化・農家への戸別補償など「バラマキ」を並べ立てています。
しかし、その為の予算を確保する為に行った「事業仕分け」でも、3兆円の目標に対して1兆円にも満たなかった。
その事業仕分けに出す様な事業以外は、すでに仕分けがなされていたのでしょう。だから1兆円にも成らなかったのではと言わざるを得ません。

11年度から毎年、月額2万6千円しかも中学卒業までと言うのが、いかに現実離れした数値であったか!だから出来ない。
と言うのでは、「詐欺」ですよ。こう言ってはなんですが、子育てに費用が掛るのは解りますが、それなら自治体での支援制度が各種有るはずなので、それを使えば良いだけの事で、なんでも国に頼ろうと言う方が、おかしいと思います。

いずれにしても、出来ない事を出来ると言って、票を集めて政権を奪取した。これはれっきとした「詐欺行為」です。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
票をかすめとった「詐欺行為」だけではすみません。
子ども手当の財源を理由に、マニフェストにはなかった住民税まで含めて年少扶養控除の廃止を決めてしまっています(もっとも、法律はまだ成立してませんが)。
手当が満額にならず、13000円に据え置かれたりしたら、手当より増税の方が多い人が、たくさん出てしまいます。
金銭的被害も与える「詐欺行為」です。
2010/02/02(火) 17:14 | URL | ゆうくんパパ #-[ 編集]
仰るとおり。
財源が無いのだから出来ないと言って撤回すれば良いんです。
政治家が白昼堂々と行う詐欺です。
2010/02/03(水) 12:50 | URL | くまジロー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/85-9a0129b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。