このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29日の衆参両院本会議において、鳩ポッポが施政方針演説を行ったが、「いのち」と言う言葉の連発に、いささか辟易。

この「いのちを守る政治」と言う言葉は社民党が言って居なかったですかねぇ・・・劇作家の平田オリザ氏の演出だと言うけれども、
自分の考えが、どれ程入っているのか?いささか疑問ですね。

それはともかく。
日本国の行政府の長である、内閣総理大臣が「いのち」を守る政治を行うのは当たり前のことで、今更こういう発言をするのは、
いままで自分自身が、そういう考え方をしてこなかったが故でありましょう。お母さんから9億円もの子供手当てをもらえれば、
そう思わないわなぁ・・・
「いのち」を守る政治と言いながらも、年間3万人に及ぶ自殺対策には、殆んど触れずじまい。まさに理念先行の演説ですね。

もう、理念を語っている時期ではありません。そろそろ実行に移さねば・・・だから本来なら政策実行のために何をするかを
話さなければ成りません。ここまでがたついた日米同盟もどうするのか、何一つ具体的な発言は無し。オバマ大統領の
一般教書演説で「日本」に言及する事は有りませんでしたし、「日本」と言う言葉さえ全く出てきていません。
これは「私を信じて」と言いながら、その約束(日米合意)を反故にした事に由来しているとしか、考えられません。

「国会議員が自ら範を垂れる」と言いながら、自らの資金疑惑や小沢幹事長の虚偽記載事件に、触れることが無いのでは、何をかを況や・・・

もう、この人の顔を見るのさえ苦痛になって来ました。この演説が鳩山政権の「終わりの始まり」になるのではと考えてしまいます。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/82-82716de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。