このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強調文日本郵政の次期社長に、元大蔵事務次官の斎藤次郎氏が決まった。

ところで、この日本郵政は例え政府100%出資とは言え、「民間会社」と思ったんですがねぇ・・・

でも何故か鳩山政権の大臣により、西川善文社長は辞めてしまいました。

これって変じゃないのかなぁ?

民間会社の社長人事が、気に入らないからといって首にするのは、どうしたものか。
亀井大臣は、郵政選挙の時に民営化反対していたため、自民党を離党し国民新党を
他の郵政民営化反対議員とともに立ち上げたんだよねぇ。なんか変。

あと、今回の人事で不思議だと思うのが、以前日銀総裁をきめる時、自民党が元大蔵事務次官など
何人かの候補を挙げて、民主党へ打診しても結局「元官僚だから」と言う妙な理由で蹴られたよね。
なのに今回、鳩山首相に言わせれば「元官僚でも14年離れているから」今度は良いらしい。

つまり自民党の案は、「全てダメで自分の方が正しい」と言う理由なんでしょうが・・・
これを世間では「ダブルスタンダード」って言うんじゃないのかな?皆おかしいと言うでしょ。
誰が見ても。

結局、民主党には「脱官僚」は無理なんじゃないの?

国会委員会でも官僚は発言させないとか言っているようですが、「専門家」である官僚の意見を
無視して、大臣・副大臣・政務官で事を進め、あとは上位下達で「おまえらやっとけ!」と言うのでは
反感買うだけ。官僚いじめにしか見えませんがね。これを政治主導って言うんでしょうか?

なんか、民主党独裁政治の始まりに思えて成りません。

読んだらポチッとね
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/8-ba9509a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。