このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辺野古の地元、名護市市長選挙が昨日行われ開票の結果、基地移転反対派の候補が当選しました。

鳩ポッポは選択肢がなくなったと思われます。基地移転賛成派の候補が当選する事を期待していたのかも知れませんが。
選挙前に、岡田外相も選択肢が無い様な発言をしていますから、この選挙結果は予想外だったかも知れませんね・・・

沖縄県内への移設は、これでほぼ不可能となった訳です。伊江島・下地島が候補になっていましたが、これら地元議会では
移設反対の決議がなされていますから、これは無理。従って危険な普天間基地は県内外を問わず移転は不可能と言うか無理。

しかし良く考えれば、民主党は既に決まっている国際的合意事項を「政権交代」の一言で、ひっくり返し、地元の意思を尊重すると言い出した。これがそもそも間違えの始まりです。その結果日米同盟は今や「家庭内別居状態」と言われるほどに冷却化。
日米同盟を民主党は、文化交流とかその程度にしか考えて居ないのではないだろうかとも思われてしまいます。

この同盟は言うまでも無く「軍事同盟」であり、日米安全保障条約に基づいてアメリカ軍は日本に駐留しているのですが、
それは、日本有事のときだけでなく台湾や韓国有事の際にも出動できる最短の位置が、たまたま沖縄だっただけなのです。
だから、日米同盟が東アジアの公共財と言われるのです。そこを間違えて捉えているから、この様な問題に成るのではないでしょうか?

いずれにしても、普天間移設問題が日米同盟の更なる希薄化につながらない事を祈るばかり。この同盟は日本の安全を保障する、
最善の国際関係なのですから。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/78-6bef56ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。