このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
plc1001131804024-p1.jpg

インド洋での活動には、シーレーン(海上輸送路)の安全確保という隠れた任務もあった。日本は原油輸入の約9割を中東に依存しており、ペルシャ湾からインド洋、マラッカ海峡を経て日本に至るシーレーンの安全は国益に直結する。
酒井1佐は「湾岸地域からのオイル・ルートで活動することが大きな意味を持っている。そういうことをにらんで活動をとらえており、(撤収は)今後の戦略にも影響を及ぼすと思う」と指摘した。インド洋から日本の旗が消え、シーレーンの安全確保は他国任せになっていく。


酒井1等海佐が指摘しているように、
「湾岸からのオイルルートで活動する事が大きな意味を持つ」「今後の戦略に影響を及ぼす」まさにその通り。
その場に日本の艦艇がいる、存在している事が重要なのであって、給油回数が減ったとかの理由で撤退させるのは、国益に反する行動である。

日本の撤退した後を、中国海軍が引き継ぐ事を検討していると言う事を政府関係者が、15日明らかにしたと言う。
これで、日本のエネルギー安全保障が「中国に握られた」と伊っても過言ではなかろう。
別の関係者は、中国海軍の補給艦とは規格が異なる為、簡単には出来ないだろうという意見もあるが、国益の為なら、何でもするのが中国なのである。日本にとって重要な海上交通路を中国によって握られるのが、国益に繋がるのか!

中国にムザムザ国益を売り渡したと同様である。この様な売国政党が、日本でまかり通る事が良い事か?日本国と日本国民に
対する「国家による犯罪」である。次の参議院選挙で過半数を確保するというが、この政党が衆参両院で過半数を確保したら、どうなるのか?いい加減、目を覚まさなければならないと思うが、どうだろうか。

マスコミも、この問題を、もっと大きく取り上げるべきである。社会の木鐸を自認するのであれば。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/71-d786fcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。