このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時事通信社の12月の世論調査(11~14日に実施)によると、「鳩山内閣を実質的に動かしている人」として、民主党の小沢一郎幹事長を挙げた人が71.1%に上った。2位の鳩山由紀夫首相は10.6%にとどまり、国民の多数が3党連立の鳩山内閣を、事実上の「小沢政権」と見ている実態が浮き彫りになった。
 首相に続くのは、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相で2.4%。緊急経済対策の規模をめぐり、亀井氏と対立した菅直人副総理兼国家戦略担当相は2.0%だった。
 また、「脱官僚」「政治主導」の政策決定が実践できているかどうかを聞いたところ、50.6%が「そう思わない」と回答し、「そう思う」は26.3%。前回11月の調査より「そう思わない」が3.7ポイント増えた。既存の事業を十分に削減できず、主要政策の財源確保に手間取っていることなどが影響したとみられる。



やはり国民は、鳩山政権の実態をよく見ていると言う事でしょう。
70%以上の人たちが実際に政権を動かしているのは「小沢幹事長」であると思っていて、鳩山首相は僅かに10%程度、
天皇陛下の会見問題や、マニフェストの問題、また訪韓して外国人参政権の成立を李大統領に、約束したような
行動など、最近の小沢氏の動きは、まさに「やりたい放題」と言わざるを得ません。

単に、与党の幹事長でしかないのに、宮内庁長官の辞任要求をするなど「官僚嫌い」の度を越している。
政治主導はいいけれども、実際に実務を担当するのは嫌いな「官僚」なのですよ。「脱官僚」と言う言葉を実際に
やろうとするならば、それこそ日本国憲法の三権分立の原則に反するのではないかと思います。

先の総選挙で民主党に投票した人たちのうち、そのマニフェストをみて投票したと言う人は僅か、10%程度。
にも関わらず、衆議院に300もの議席を獲得したのですが、その人たちはマニフェストに載っていない事をやろうと
している小沢執行部をどう見ているのでしょうか?
彼らは、国民の大多数が反対している「外国人参政権」をやろうとしていますし、小沢氏は所属議員に対して
この法案に対して「反対でも賛成を」と意味不明の事を発言して、是が非でも成立させようとしていますが、
在日外国人のどの程度の人たちが、この法案を必要としているのか?おそらくは在日韓国・朝鮮人、中国人がその対象となるのでしょう。

我々有権者は、民主党に「白紙委任状」を渡したのでなく、今回は自民党の自滅によって与党になっただけの話
そこを間違えないで欲しいと思う。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/51-209f228b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。