このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁーて、鳩ポッポはどうするんでしょうね・・・

野党各党の国対委員長らは29日のNHK番組で、偽装献金問題に関する鳩山由紀夫首相の説明が不十分だとして徹底追及する方針を改めて明確にした。与党の社民党も首相の説明責任を指摘した。
 この中で、自民党の川崎二郎氏は、首相が捜査中を理由に説明を拒否していることについて「あすかあさってにも国会で話すべきだ」として、党首討論や衆院予算委員会での集中審議を要求。2008年度決算に関して質疑する30日の参院本会議で、事実関係を首相にただす考えを示した。
 公明党の漆原良夫氏は、首相が実母から5年間で約9億円の資金提供を受け、偽装献金の原資の一部になったとみられることに触れ「政治資金規正法違反や脱税の疑惑がある。首相は自身の口で説明したらいい」と指摘。共産党の穀田恵二氏は「(原資は)『母親の金ではないと信じる』と(以前に)言って、今度は『知らない』と言うのは政治家としてあまりにも無責任だ」と批判した。
 これに対し、民主党の山岡賢次氏は「インフルエンザや中小企業の対策など当面急がれることを国会でやるべきだ」と述べ、法案審議を優先させるべきだと主張したが、社民党の近藤正道氏は「首相は衆参の予算委員会で答弁しているが、十分だとは思ってない。説明責任を果たしてもらいたい」と求めた。



鳩ポッポは、けっきょくキレイ事を並べているだけだった訳です。
自分の政治資金について全く説明できていない。臭い物には蓋とばかりに、国会の会期延長にも
僅か4日間程度しか応じていない。本来ならば党首討論や集中審議で国民に対して説明を行い、
自らの献金問題に対して事実を、明白にすべきです。

連立を組む、社民党でさえも献金問題の説明責任を果たすべきであると言っている。
法案審議も大事ですよ、確かに。でも先にやるべき事は山ほど有る筈ではないですかね・・・

一国の総理大臣として政治資金規正法違反や相続税脱税の疑惑があれば、説明責任は当然です。
それが出来ないなら、総理大臣としてというよりも国会議員として失格ではないかと思います。

しかし、9億もの資金の提供を受けて、知らぬ存ぜぬでは通らない話でしょう、いくらなんでも。

日本人の考え方として、「見っとも無い事はしない」「恥ずかしい事をしない」という事は、
昔から人生観として持っていたものと思うのですが、この鳩ポッポは宇宙人だけに、こう言う物の
考え方は出来ないんでしょうね・・・日本人として恥ずかしいと思いますよ。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/37-9a15447b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。