このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営再建中の日本航空は23日、焦点になっている企業年金について、支給額を
削減する制度改定案の概要を現役社員とOBに説明した。現役社員は約53%、OBは約30%を
減額し、全体で平均約44%を削減する内容。これにより、年金債務は二千数百億円圧縮されると
みられる。西松遥社長は、自らの経営責任について「痛感している。しかるべき形でけじめをつけたい」などと述べ、再建の方向性が定まった段階で辞任する意思を示した。



今日行われたOBに対する説明会では、非常に厳しい意見が出されたと言う事ですが、
そもそも、高額な年金を貰っているのと、現役時にも高額な給与が出ているわけで、OBとしてみれば
「今までどおり削減するな」と言いたいのでしょう。「日航に尽くしてきたのだから」も解ります。

しかしながら、日本のフラッグシップと言う位置に胡坐を書いてきたのも事実。
多数有る組合問題も先送りしてきた訳で、一般国民から見れば「何を今更」と言う気持ちになります。

でも、日本航空が無くなれば彼らOBにも年金が出される訳でもなくなる訳ですから、やはりここは
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の気持ちで日航再建を見守る気持ちが必要なのではないかと
考えます。

一般のサラリーマンが退職しても、年金だけでは食べていけないから、それ以降もアルバイトや
嘱託職員、または契約社員として働き、何とか食べて行く人たちが多い中、月額48万円とも言われる
年金をもらえるだけでも良しとすべきかと思います。

参加しています。
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■日航、年金削減案を提示…現役5割・OB3割-今日のこの事態はすでに20年以上前から根があった?!
こんにちは。日航のこの年金削減の件、いろいろ物議をかもしているようではありますが、まあ、「いたし方ない」ことだと思います。ところで、日航のこの事態、多くの人がここ数年にふって沸いたか出来事のように思われているふしもありますが、実は20年以上も前からその根はありました。私は、今日の事態をある私の実体験した事柄から予想していました。今日その予想があたったわけです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
2009/11/24(火) 14:31 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/31-f03cb6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。