このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普天間飛行場の移転については、すでに日米で名護市辺野古への移転が合意されていますが、
鳩ポッポ政権では、この合意を「検証」するということで、日米両政府によるワーキンググループを
行うと言う事です。
しかし、アメリカ側は「現行計画の辺野古移転の履行が必要」との立場。
これはオバマ大統領来日時にも同様の発言をしており、合意案を変更する余地が無い事を表明している。現行計画が唯一の実行可能な案であるともアメリカ側は発言しています。

鳩ポッポは、「日米で協議をして結論がもし一つにまとまれば、一番重い決断として受け止める必要がある」と述べ、結論が出れば尊重する意向だそうだ。
この問題で民主党はすでに県外移設を公約として総選挙を戦ってきたから、県内の移設は公約違反と言われても仕方が無い。県外移設前提で沖縄県民の支持を得たのだから。
けれど県外移設と簡単に言うけれど、では何処へ持って行こうと言うのか?鳩ポッポの選挙区である北海道へ移設?もしくはイオン岡田の地元・三重県に持っていくのか?まったく解らない。
県外移設すれば、その場所で反対運動が起こるだろうし、そう簡単に出来る物ではない事は
十分解っていた筈である。沖縄県民の「歓心」を求めるがために簡単に「県外移設」を言い出すのは
非常に大きな問題だと思うし、沖縄県民に対してもどう言い訳をするのか?結局県内移設しかないのではないか?

また既に合意している案を「反故」にして再度検証するなどと言うのは、国際的に見れば合意しても
実行しない国というレッテルを貼られる可能性が大きい。「日本は信用できない」と。

そういう懸念をもたれてまで「検証」する必要が有るのか、鳩ポッポは考えるべき時期に来ている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/26-2cf01c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。