このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【シンガポール時事】鳩山由紀夫首相は15日午後、アジア外交政策に関する講演後の質疑で、紛争や災害の被災者を救援するため、自衛隊艦船を活用して海外で医療活動を行う自らの「友愛ボート」構想について、「平時から活動し、台風や地震などの災害地で救助を行うことが中心になる。紛争地域に乗り込んで医療活動をすることはない」と述べた。
 首相は14日の講演では同構想に関し「紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」とも説明していたが、自衛隊の紛争地域派遣は否定した形だ。



自衛隊の紛争地域への派遣を否定しておきながら、護衛艦は派遣する?んーっと言っている意味が
よく分からないのですが、では紛争地域とはどこかを誰が決めるんでしょうか。

紛争があって、人命危機があれば、そこへ護衛艦を派遣するんですよね?

で、乗り込む医療関係者は?何処の誰?自衛隊の医官ではいけないんでしょうかね???
自衛隊艦船という事は護衛艦の事ですよね?でそこへ民間の医療関係者を乗せて派遣する?

また「友愛ボート」とやらは平時から活動するのですから、当然医療関係者も乗船する訳でしょう。
只でさえ、不足している医療関係者を、何時活動するかどうかわからない「友愛ボート」に乗せて
どうしようと言うんでしょうか?さっぱり訳がわかりません。

今までの自衛隊による援助活動でも、護衛艦に自衛隊の医官・看護師が乗船し援助が必要な
地域へ派遣されていましたよね?それとこの「友愛ボート」では、どう違うのか?
いかに鳩ポッポ政権が「リベラル」で自衛隊嫌いであっても、現在保有している機関などを利用して
海外への援助活動を行うのが、筋で小沢氏の言うような「国際救援部隊」の様な自衛隊とは
別組織を作るなど、ムダ遣いであって、現有組織の有効活用を行う事の方が良いと思います。

多分に、思いつきで発言しているのでしょうけど、でもその思いつきが思わぬ方向に動いていく事を
鳩ポッポは分かっていないのでしょうか?この先思いやられます。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
売国奴民主党
小沢チョンコウ鳩山犯罪者どもは死んでくれたほうが国益である
2009/11/17(火) 17:06 | URL | 一 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/25-c2664e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。