このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の山岡賢次国会対策委員長が今国会成立を目指すと表明した永住外国人に地方参政権を
付与する法案を巡り、野党内の反応が分かれている。自民党の谷垣禎一総裁は6日の記者会見で「憲法上の論点があるという人もいる」と述べ、慎重に対応する考えを示した。公明党の山口那津男代表は「法案提出を歓迎したい」と表明。民主党との共同提案についても「呼び掛けがあればいつでも積極的に応じる」と強調した。




1951ce18.jpg
  ▲山岡賢次国対委員長

いよいよ本来の民主党の姿が現れたと言う事でしょうか
民主党と民団との関係は、以前から指摘されてきた通り、非常に強いものがありますし、
小沢幹事長は訪韓し、韓国李大統領に対して「公約」したかのような発言も有り、
そのうち国会提出と思われてきました。

その小沢幹事長の側近である山岡国対委員長が今臨時国会に提出すると言う発言がありました。

そもそも、それが地方であれ国政であれ、参政権はその国家の国民固有の権利であって、
只単に、「永住しているから」とか「問題を起こしていないから」とか「税金を払っているから」と言う様な
「ロマンチシズム」の様な感情で、簡単に外国人に参政権を与えるべきでは有りません。

参政権がほしいと言うならば、日本国籍を取得するのが先決。

国籍が無いのに参政権を与えたりするのは、憲法違反の恐れがあり、実施するなら憲法改正が
必要になります。

また、今在住している外国人が日本の参政権を取得したがっているのでしょうか?
もし、その外国人が取得したいと言うのであれば、先に述べたとおり日本国籍を取得すべきです。

中国人の評論家:石平氏は日本国籍を取得する際に、国家への忠誠を示すとかは無く、
事務手続きのみで終了した事に関して、不自然であると言っていますが、忠誠を示さずに国籍が取得
出来てしまう事も、また問題であると思います。国籍法の改正が必要でしょう。

いずれにしても外国人参政権と言うのは、国家の根本を揺るがす大問題であって、国会提出でなく、
「国民投票」が必要である程の重要な問題です。閣議決定とかだけで決定するのは非常に危険。
また国会でも慎重な審議が必要です。与党にも慎重論がある以上、徹底した審議を行うべきです。

しかしなぜ、このタイミングで提出するのでしょう?

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ここで盛り上がってます
【政治】 民主党、「外国人参政権」法案の今国会提出を検討…会期延長も検討★9
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1257569039/



※重要
韓国は今年2月、在外韓国人に国政選挙権を与えた。
日本が地方選挙権を認めれば、在日韓国人は、韓国で大統領や国会議員に投票できるうえ、
日本でも知事や市町村長、地方議員に投票できるようになる。
そのような二重選挙権を認めてよいのか、という議論も出てくるだろう。

■10/10読売社説
外国人参政権 地方に限っても禍根を残す
2009/11/07(土) 15:33 | URL | 、 #-[ 編集]
糞喰らえふざけるな小沢民主党売国奴政権小沢一郎鳩山由紀夫を殺せば少しは瓦解するなら狙っべきかもそう思ってます
2009/11/07(土) 15:49 | URL | 一国民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/19-c2601d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。