このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前ですが、3月20日は大東亜戦争での硫黄島の戦いが終結した日です。
栗林忠道陸軍中将(戦死後大将)以下2万名の日本軍将兵が玉砕しましたが、それ以降も散発的な戦闘が続き、最後の日本兵が投降したのは昭和21年だったと言います。

さて、この硫黄島の戦いで2万名の日本軍将兵が戦死しましたが、それ以上に2万名以上の戦死傷者を出したのが対戦相手の
アメリカ海兵隊でした。この海兵隊は勇猛果敢で知られていますが、この硫黄島戦でいわゆる戦争恐怖症者を出したそうです。戦争恐怖症と言えば聞こえは良いが、言ってみれば勇猛な海兵隊員でさえ「怖気づいた」という事になります。

それは何故でしょうか?

日本軍将兵は海兵隊員を上回るほどの、勇敢さを持って戦ったと言う事に尽きます。
と言うのは、日本軍は最後の一兵まで本当に戦うと言う事を、平気でやる。例え銃弾で打ち抜かれようが、足を引きずりながらも
アメリカ軍の陣地に迫って手榴弾を投げ込むとか、そういう事で一人でも多くのアメリカ兵を倒す事を言わば「使命」に感じて、
そして最後は華々しく散っていったのです。

アメリカ軍の歩兵操典には、最後どうしようもなくなったら投降する事を良しとすると書かれていて、日本兵の様に「死」を当然の事として戦う事が無いから、アメリカ兵は「怖気づいた」のだと考えます。

「軍人勅諭」だったか、「死は鴻毛より軽き」ものとされましたが、この鴻毛とはコウノトリの毛の事で、人間の命は鳥の羽毛よりも軽きものだとされた事が、日本兵の行動に如実に現れています。
最後は「死」あるのみ。そしてその命は国に捧げられ「神」として祀られる。そう言う事が解っているから、最後の一人まで十分すぎる位に戦うのです。

いま、振り返ってみて「命」や「死」と言うものを余りに軽んじていないかと考える事があります。テレビドラマなどでも人が平気で
殺される場面が結構多いですよね。だから「命」「死」をとんでもなく軽く感じられてしまうのです。まぁドラマですからその点を
差し引いて見るべきなのですが・・・

国会議員が労働組合から資金など丸抱えで選挙に臨み当選する。その資金が間違っている物であるにも関わらず、自分は関係ないなどと言い放ち、議員活動で汚名挽回するとか、政党を作っては壊し本来ならば国庫返納が筋であるのに、その資金を自分の懐に入れ、貯まった資金で土地を買い漁る幹事長がいたり、また母親から資金提供を受けながら、自分のあずかり知らぬ事としらばっくれる総理大臣がいるなど、この国の「選良」と言われる人たちは、自分の身に疑いがかかっても、平気の平左でいるのが多い。こういう連中をかの戦争で戦死した人たちが見たら、どう思うか?

我々はこんな国にするために、自分の命を捨てたのではない!
多分こう言うでしょう。自分に恥じる所が有るのであれば本来は、直ぐに身を引く事が当たり前なのに、その地位に汲々とし、椅子にしがみ付こうとする。見苦しいに程があると思いませんか?

いずれにしても今の日本人から「恥」と言う言葉がなくなりつつある現在、あの戦争で死んでいった人達を思う事は、
本来の日本人の姿を問い直す行為であると思います。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/118-d34db6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。