このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山由紀夫首相は21日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「米国も現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにとらわれない幅広い考え方も持ち合わせていると思う」と述べ、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行案以外でも、政府案を米側が受け入れるよう期待を示した。また、「われわれの考え方をまとめて、米国の理解を得られるように努力する」と強調した。都内で記者団の質問に答えた。  政治・経済 時事通信社
政治・経済の他のニュース



だから最初っから、辺野古のキャンプ・シュワブ沖合いにしておけば、何の問題も無かったんじゃないの!
この移転話でアメリカ側は、シュワブ以外は考えられないと、全く「ブレて」いないのにも関わらず、鳩が簡単に県外移設なんて
言い出すから、これほど話がこじれるんですよ。で今度は「・・・考え方も持ち合わせていると思う」だってよ。
アメリカも馬鹿にされたもんだよなぁ・・・ここまでコケにされたら、本当に日米同盟破棄まで話が言ってしまうのではないか?
そうなったら、日本の安全をどう保障しようとするんでしょうか?まさか中国人民解放軍にでもやってもらおうと言うんじゃないよな。

小沢はコキントウとの会談で、「自分は人民解放軍の野戦司令官になる」などと言っているんだし、やりかねないなぁ。

もう、普天間基地はこのままだろうね。移転の話も消えてしまう。地元・米軍・日本政府の間で合意がなされたのも、
奇跡に近いと言われたそうだ。それなのに未だに他の移転先を決めるなどと言っているが、それまでだって日米間で色々な場所を
検討してきているが、どれも結局ダメだったから、最終的に辺野古で合意したのではなかったのか?地元で反対している人たちは
ほとんど居らず、反対しているのは県外から来た反基地闘争連中やプロ市民・サヨク連中だけ、それが社民党と言う「泡沫政党」が連立政権に入ったが為に勢いを増し、結果、基地反対派が名護市長に当選すると言う有様。

小沢だって、キャンプ・シュワブ近くに土地買ったんだよねぇ?という事はそこへ基地が移転するから買ったんじゃね?投資が目的なんだもんねぇ・・・

いずれにしても、これで他の土地を移転候補地としてアメリカに提示しても「門前払い」だよ。そうなればアメリカは
「日本切り捨て」に走るとおもうがどうか?

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/117-188c42c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。