このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は20日、都内で開かれた選択的夫婦別姓に反対する集会で、別姓導入のための民法改正案について、鳩山由紀夫首相から「国会に出すだけでいい」と協力を求められたことを明らかにした。その上で、亀井氏は「これに同調したら衆参とも可決で成立する。国民新党は方針を変えるつもりは全然ない」と、提出は容認できないとの考えを強調した。  政治・経済 時事通信社



亀井静香氏は単にうるさいオッサンだと思っていましたが、いやいやなかなかの人物と思いましたね。見直しました。

社会主義政権と言える鳩ポッポ内閣の中で、その推進し成立させ様としている法案をことごとく阻止しているのが亀井氏です。
その法案は憲法違反である「在住外国人参政権法案」日本人の人権を踏み躙る恐れのある「人権擁護法案」日本の伝統を
破壊しようとする「選択制夫婦別姓制度」などなど、数々のいわゆる日本解体法案を阻止しています。
彼は昨日20日に開催された「夫婦別姓に反対する国民大会」で「孤立無援の戦いになろうとも、秋の臨時国会でこの法案が
成立しないためにも死力を尽くしてがんばり抜く」と発言。この国民大会の詳細はこちらが詳しく書かれています。

私達、国民有権者がいくら頑張って、これら民主党が推進しようとしている法案を廃案に追い込みたいと思っていても、民主党が与党として存在している限り、成立してしまう可能性が非常に大きいのですが、それを阻止しているのが亀井氏の国民新党です。
小沢が仕切る民主党と、喧嘩別れする事で民主党が如何に「ダーティ」かを見せ付ける事で、亀井氏の国民新党を高く
評価してもらうという作戦なのかも知れない。でも作戦と言えども、これら日本社会を混乱と解体に繋げる可能性の高い法案を
葬ろうとしている亀井氏の行動は、今後も注目してよいと思います。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
態度はデカイですが
亀ちゃんは、公安出身なので高圧的で態度はでかいですが、根は優しい方だと思います。(あの高慢さが無ければ、小沢と丁々発止渡り合えない。)
私が尊敬する西部邁先生も、亀ちゃんを敬愛されていらっしゃいます。
2010/03/22(月) 10:05 | URL | 守ろう青森 #-[ 編集]
そのとおりです
なかなか言い事言うんですよね。
あの寝癖はなんとかならんか?(笑)
2010/03/22(月) 21:20 | URL | くまジロー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/116-61f3c26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。