このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉景子法相は16日午後の参院法務委員会で、一部の世論調査で選択的夫婦別姓制度への反対意見が半数を超えたことについて「自分に直接かかわりがない問題で、導入しなくてもいいと感じる人がいるのかもしれない」と語った。その上で「女性の社会参画を踏まえ、選択肢を用意することが適切だ」と早期実現を目指す考えを重ねて強調した。
 また、旧姓の通称使用を公的に認める制度については「通称と戸籍名の二つを使い分けることになり、混乱する」と述べ、採用しない考えを示した。森雅子氏(自民)への答弁。同制度は、別姓制度の反対派が代替策として提案している。  政治・経済 時事通信社



夫婦別姓を含む民法改正については、反対意見が半数を超えている事が各種世論調査で判明しているが、それでもこの法案
成立を目指す千葉法相。

「女性の社会参画を踏まえ・・・」といっているが、ならば旧姓使用を職場の「内規」で決めればよいだけの話で、民法改正などという大掛かりな事をしなくてもよさそうなもの。
「通称と戸籍名の使い分けは混乱する」ということだが、旧姓使用は何処の職場でもやっている事で、
私がいる会社でも旧姓使用の人は多くいるが、特に混乱すると言うような事は無い。だから法制化など必要は無いと考える。
そもそも、この夫婦別姓については社民党の福島某とか、この千葉などよりも法務省官僚が夫婦別姓制度をやりたがっている。

GHQの日本解体政策の残滓が法務官僚の一部に残っているらしく、その流れが選択的夫婦別姓制度として具現化している。
戦前日本の「家」制度は良くない制度であり、個人の自由を縛るものであるから「家」制度を破壊し、もっと個人を自由にさせる
為には、結婚後も別姓である事が望ましい。と言う考えらしい。

今の日本社会の混乱は余りにも個人の自由を尊重しすぎているからに他ならない。親殺し・子殺しと言った殺伐とした社会が
続いているのであろうと思う。
夫婦別姓制度は、この混乱した日本社会をさらに混沌とさせる法案であり、必要の無い法案である。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
主権回復
占領政策の呪縛から解き放たれて、日本の歴史と文化を踏まえた日本らしい制度設計をするべきですね。
法務省への抗議メールを何回か送っています。
2010/03/18(木) 09:16 | URL | 守ろう青森 #-[ 編集]
青森さん
仰るとおりです。未だに占領政策が続いているのは異常ですね。やるべき事をやらず、余計な事をやるのは、国民有権者への背信行為に他なりません。
2010/03/20(土) 22:22 | URL | くまジロー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/112-f2a95540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。