このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長妻昭厚生労働相は13日、日本年金機構の川越年金事務所(埼玉県川越市)を視察した。旧社会保険庁から衣替えし、国民目線の対応が行われているのか把握する目的で、年金実務の現場に出向くのは大臣就任後初。
長妻氏は待合スペース脇にある掲示板を見て「この場所ではお客さんは気づかない。字も小さい」と早速指摘。年金加入履歴の記入用紙についても「印刷の都合とはいえ書き込む欄も小さい」などと注文を連発した。視察後は「ファミリーレストランなどの表示はわかりやすい。サービス業という点からみると課題はまだ大きい」と強調した。【野倉恵】 政治・経済 毎日新聞社



長妻厚労相って年金の事しか出来ないのかねぇ・・・

なんか、パフォーマンスしているしか能が無いのかなぁ・・・年金事務所行って、あれやこれやと指摘したそうですが、こんなこと大臣が行って指摘するようなものじゃないよねぇ。文字が小さいとか、記入欄が小さいとか、お節介婆さんかあんたは。

たしかに民間になった以上、サービス業である事を認識しなければならないのは、当然としても、ここまで小さい事を指摘されると
やる方はやる気無くしてしまうわい。親方日の丸意識を払拭させて民間企業だということを認識させたいが為に視察したのでしょう。
でも単なるパフォーマンスでしかないように思うけど・・・

しかし、他にやる事ないのかねぇ・・・長妻さんよ。厚生労働省の仕事は年金だけじゃないですよ。
高齢者福祉もそう、身障者の自立の問題、労働現場に問題が無いとは言えないでしょ、安全衛生も同じ。
この省の仕事は国民生活に非常に密接に繋がっている仕事ばかりです。年金だけでは有りません。他にやっているのであれば、
その仕事を見せて欲しい。長妻さん何をやっているの?全く解らないものねぇ。

年間3万人に及ぶ、自殺者をどう減らすか?それも厚労省の仕事の一つと思いますね。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
政務官が適任
年金については、えなりかずきに次ぐエキスパートだと思いますが、労働や医療、福祉についてはさっぱりです。
大臣ではなく政務官辺りが適任ではなかったのかと思います。
2010/03/16(火) 11:39 | URL | 守ろう青森 #-[ 編集]
そうですね
仰るとおりですね。
厚労相として適任ではないと思います。もっと広い視野を持たないと厚労相は務まらないのではないかな?と思います。
2010/03/17(水) 14:59 | URL | くまジロー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/111-651bdcbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。