このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛隊の観艦式が25日、神奈川県の相模湾沖で行われ、護衛艦など艦艇計40隻、
航空機31機が参加した。民主政権後初めての開催で、首相臨時代理の菅直人副総理が観閲官として乗艦した。
式には、海上自衛隊員ら約8000人、一般客ら約8000人が参加。3月に就役した海自の新型ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」からヘリが飛び、護衛艦「はたかぜ」「さわかぜ」が祝砲を打ち上げた。
護衛艦「くらま」に乗艦した菅副総理は訓示で
「ソマリア沖での海上自衛隊の活動は内外から高い評価と感謝の言葉を頂いている。グローバル化が
進展する中で自衛隊の活動の場は海外に広がっており、自衛隊が国際社会の平和と安定に貢献していくことを望む」と述べた。
海自によると、式の経費は弾薬代などで計約3億円。

*********************************************

3億円かかったなんてことは、どうでも良い事じゃないんですかねぇ・・・それはどうでも良いのだが。

菅直人副総理はソマリア沖での海賊対策の事では、国際社会からの高い評価を受けている事を
述べているが、肝心のインド洋沖給油活動には一言も触れていませんな。
同じ訓示で、「自衛隊が国際社会の平和と安定に貢献していく事を望む」と言っていながら、
同じように高い評価を受けている、インド洋沖給油活動を結局は、撤収させる方針でしょ。
やっている事と言っている事が、違いますよね。

ゲーツ国防長官が来日した時、ゲーツ長官は自衛隊の栄誉礼を拒否したと言う事ですが、
鳩山首相の「東アジア共同体構想」や、「核密約」徹底究明とか、普天間基地の移設問題などで
日米同盟が今や、危機に瀕していると言っても良い状況なのに、何のアクションも取らない日本に
「愛想を尽かし」日米同盟破棄という最悪の事態にも繋がりかねない状況なのに、鳩山首相は、
特に普天間移設問題には「まだ後でも良い」と発言したとか・・・ホント日本を中国に売り渡そうとでもしてるんでしょうか?

万が一にも日米同盟破棄という自体は考えられないとは言うものの、今までも日本側の態度を
見れば、そういう事態を想定できないと言い切れるか?
民主党支持者はその辺りどう考えてるんでしょうかねぇ。

アメリカの核の傘の下で「ぬくぬく」しながら、今更「対等な日米関係」とか日本側から見てもおかしいでしょ。
本気で対等な関係を構築しようとするなら、いまから自衛隊の実力装備を倍増、
いや倍増では足らない、それこそ防衛予算を大幅増額し戦闘機には対地攻撃能力を付与し、
原子力潜水艦を建造し、国境地域(特に先島諸島や対馬)への陸自戦闘部隊の配備など、
今から行わなければ「対等な関係」など構築できる筈も無い。
またこれらの対策を実施すれば東アジア地域に無用な騒動を引き起こす可能性さえある。
共同体構想など夢の夢。
それでも「友愛」とやらで東アジア共同体などを本気で考えているのであれば、
日本国と国民を他国に売り渡す事に繋がる。事実外国人参政権付与とか人権擁護法案など考えている政党なんだから。

参加してます
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/10-6bbc03a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。