このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳩山政権は、海上自衛隊によるインド洋海上給油活動を期限切れとなる来年1月15日をもって
終了させる事になり、海自活動は撤収する事となる。

日米同盟の弱体化、日本の国益の損失、
対テロ戦争の同盟国への信頼喪失
という事に成らないか?

現在の活動は国際的に高い評価を受けており、また現行制度上日本が国際的に貢献できる
最大の活動である。自衛隊がアフガン国内での掃討作戦が出来ない以上、この海自給油活動は
日本が出来うる最高の支援活動であって、これ以上の活動は現行憲法上実施する事は不可能

アメリカオバマ政権としては、鳩山政権に対して代替えの支援活動を求めてくる。当然だが。

日本として何を代替え活動として行うのか??民生支援を中心に実施すると言う事だが、
丸腰の民間人を、今や全土が戦場と化しているアフガニスタンに送り込んで死傷者が出たら
鳩山首相以下政府は、どの様な対応をするのか?自衛隊だからある程度危険な活動も可能だが
民間人だと、そうは行かない。

岡田外相は、必要な法案の審議に臨時国会へ提出が不可能だと言う。
ならば、直ぐに国会を召集し海自活動の継続を審議するのが筋であろう。日にちが少ないなら
早急に実施すべきだ。なぜそれが出来ないのか?

この活動には日本の国益がかかっている
早急に出来ないなら国民への裏切りである。

読んだらポチッとね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kumajiro2.blog67.fc2.com/tb.php/1-d7cbb296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。