このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢幹事長の続投が決まった事で、民主党は次期参議院選挙へ向けての動きが加速される事になるわけですが、
野党第1党である自民党には、参議院選挙に勝つという気迫・迫力が見られないのは、どう言う事か?

舛添前厚労相など党の改革を訴えてはいるものの、それが全党に影響を与えているかと言われると、それも余り窺得ない。
衆議院選挙でのあまりの大敗ぶりに、どう対応して良いかわからないのではないか?そう考えられるように見えるのだが・・・

しかし、今の民主党政権の余りの右往左往ぶりに、不安感を抱いている有権者が多いのではないだろうか?国民新党とか、
社民党の連立を気にする余り、その党首の発言に惑わされ発言をクルクル変える総理大臣。不起訴とは言え政治資金を使って不動産を買い漁る幹事長。マニュフェストのバラマキ政策が今になって不可能だと言って憚らない大臣達。
もう政権発足からもう直ぐ半年が経とうとしています。

自民党が再生するには、確かな成長戦略と確実な安全保障政策を構築し、国民有権者の前に提示する事が大事と思います。

今の日本の状態にしたのも自民党なら、日本をここまでの国家にしたのも自民党。
しかし、冷戦構造崩壊した現在に、しっかり対応できてこなかったのも事実。だから有権者が見放してしまったのです。
天下りや政官癒着構造を作ったのも自民党。数々の汚職事件も自民党が関係してきていますから、諸悪の根源は
「自民党」であると言う見方が多いのも事実で有りますが、先にも述べたように日本がここまで平和裡に成長できたのも自民党の
功績であろうと思います。

自民党が復活するには、いまバラバラになっている党内を谷垣総裁が、しっかりと掌握して民主党の横暴に対抗できる組織体制に作り変える事が必要なのではないかと思います。若手を抜擢するのも必要、だからと言ってベテラン議員も、
それをしっかりサポートする事が、政権奪回に向けた自民党の当面の仕事かな?と思います。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
昨今の世論調査で民主党支持率が軒並み急落。発足から今までの鳩山内閣の右往左往・朝令暮改ぶりを見れば当然ですが、
その受け皿と成るべき自民党支持率も、ほぼ横ばいか微減状態が総選挙から続いています。何故でしょうか?

確かに今までの自民党政権では、この閉塞状態の日本から脱出できるかと言う至上命題に対応しきれないから、ばら撒き放題の
民主党に投票した有権者が多かった事。また自民党麻生政権に対するネガティブキャンペーンによって自滅したことが
自民党大敗の大きな要因で有ったであろうと思います。

しかし、いくら民主党が「国民の生活が第一」などといって、各種バラマキ政策を出したところで、その寄ってたつ基盤である国家が脅威に晒されていては、バラマキもへったくれも有りません。国が安全でない限り、国民生活が安定しないのです。

「国を守る責任力」と自民党は衆議院選挙のときに言っていましたが、これを自民党の「キャッチフレーズ」にしてはと思うのです。
なんと言っても戦後60年、日本が周辺諸国の紛争・戦争に巻き込まれずに来たのは、サヨク・リベラル連中が言う、
「憲法9条が有るから」だとか「日本国憲法は世界に冠たる平和憲法」だから等ではなく、冷戦構造下、ソ連と対峙する日米同盟
(在日米軍)の存在と、アメリカの核兵器と言う「分厚い防御網」に守られていたからであって、平和憲法によるものでは
決して無いのです。そこを間違って解釈するから今の、鳩ポッポ政権の安全保障政策が無いに等しい状況になるのです。
普天間の問題然り、日米同盟の希薄化は日本の安全に取って非常に大きな問題であり、「国民の生活が第一」どころの話では
なくなるのです。

自民党は、この問題で今まで日本が平和裡に世界第2位の経済大国になった実績を前面に打ち出し、国家を守ると言うのは民主党では不可能なのだ!我々自民党は責任を持って日本を守る!国民生活の基盤である安全保障を、しっかりやる!
と言う事を、もっと大々的なキャンペーンとして展開していく事が重要であり大事な事ではなかろうかと思います。
現実を直視した政策を、我々有権者に出さなくては自民党の再生はありえず、今まで以上に政権奪取の道は険しくなります。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。