このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛省は12日、「(日米)同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」と発言した陸上自衛隊第6師団第44普通科連隊(福島市)の中沢剛連隊長(47)=1佐=を文書による注意処分とした。同省は「首相発言を非難しているとの誤解を招くような発言で不適切だった」としている。  社会 時事通信社



こういう発言そのものに反応して、すぐに「処分」と言う事を続けていると、自衛隊員の士気に関わると思われる。

そもそも、この様な発言をしなければならない状況を作り出した原因は何か?
鳩ポッポを始めとする民主党政権による「自衛隊いじめ」が原因ではないだろうか?
殉職自衛官追悼式にも欠席し、海上自衛隊観艦式にも代理出席、自衛隊高級幹部会同には出席したものの、
さきのインド洋海上給油部隊の帰国に関しての、訓示でも海自隊員への労いの言葉を掛けるだけでなく、日米安保の重要性を
述べたものの、灼熱のインド洋の活動に対しては、何の言葉も無かったとか・・・これが今の自衛隊最高指揮官の姿なのです。

これで、国民国家のために犠牲になれと言う方が、おかしくないか?

北沢防衛相自身にも問題がある、就任記者会見のときに国旗に対しての欠礼があったが、防衛大臣とは言え、自衛官に成る筈で
この時点で自衛隊員服務規程に違反している。この大臣にして総理あり。

内局も、発言をしたという事に反応して、注意処分をしているのだろうが、マスゴミやサヨク連中の異常とも言える発言への反応に
ビビッたとしか言いようが無い、文民統制はどうしたと!言われるのが嫌で事前に手を打っておこうと言う行動にしか見えない。

文民統制とは何か。ウィキペディアから引用。
職業的軍事組織は軍事アドバイスを行い、これを受けて国民の代表が総合的見地から判断・決定を行い、その決定を軍事組織が実施するということが原則となる。国防・安全保障政策の基本的判断や決定は、選挙で選出された国民の代表が行う。これは、彼らが軍人より優秀ということではなく、国民の代表という正当性を体現するからである。そして、何よりも国民の代表は、国民に対し説明責任を持ち、したがって、国民は、彼らの決定に不服があれば、選挙を通じて彼らを排除出来るからである。
以上から考えると、今の政治家による文民統制の考え方とは、まったく異なった結論と成る。

今回の中沢連隊長への処分や、田母神航空幕僚長への処分を考えると、旧ソ連の政治将校を髣髴とさせる。
政治将校とは軍隊内部の将校や下士官・兵による政治的発言や行動を制限する為に、配置された将校であり、共産党の意向に
沿わない発言や行動が有れば、解任させる事が出来る権限を持つ将校であるが、今の自衛隊にもこう言う政治将校が居るかのようである。

自衛隊員といえども、日本国民であり日本国憲法による「発言の自由」「表現の自由」が保障されている。とは言え、国家防衛と言う崇高な任務に携わる以上、また上位下達の組織である軍隊であればその自由が制限されるのもやむをえないと考える。

それでも、自由な発言が出来ない組織が国家防衛を担任する。それが自由が保障されている日本国の軍隊の内情なのです。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【北京時事】中国人権民主化運動情報センター(本部香港)などによると、四川大地震で校舎の手抜き工事を告発するなどして、国家政権転覆扇動罪に問われた民主活動家の譚作人氏(56)が9日、成都市中級人民法院(地裁)で懲役5年、政治権利剥奪(はくだつ)3年の判決を受けた。
譚氏は被災地で校舎倒壊の原因を調査し、手抜き工事を放置していた地方政府を批判したことが、党と政府のイメージを傷つけたとされた。
同じように校舎倒壊で子供が死亡した遺族を支援していた活動家の黄※氏(※王ヘンに奇)は国家機密文書不法所持罪で懲役3年の判決が今月初めに確定。共産党独裁を批判した「08憲章」を起草した反体制作家の劉暁波氏(54)も昨年末、国家政権転覆扇動罪で懲役11年を言い渡されるなど、民主活動家に厳しい判決が続いている。  国際 時事通信社


手抜き工事を放置した事を批判すると、中国ではこうなります。
この譚氏は、民主活動家と言う事ですが、批判した内容は、手抜き工事で多くの子供が死亡したと言う事を批判しただけ。これが「言論の自由」の無い国家の姿なのです。

多くの被災住民にしてみれば、この譚氏の行動は賞賛されてしかるべきだし、被災住民の声を代弁したに過ぎない。
しかし中国共産党政府にしてみれば、これが国家転覆を扇動した事になる。なぜでしょう。
日本と中国では政治体制が大きく異なるから、こういう裁判も有りうるのですが、日本を抜いて世界第2位の経済大国となろう
としている国家として、国際的に見ればどうなのか?日本としては友好条約を結んでいようとも、こういう人権抑圧には
本来、断固とした態度を取らなければ成らない。
しかし、鳩ポッポ政権は、「媚中外交」に急激に傾斜し、小沢は600人もの家来を連れてコキントウに朝貢外交。
これでは、断固とした態度は取れません。

地球温暖化に対しても、我々は発展途上国だと言い、その対策を取ろうとしないばかりか、先進国の所為だと言って憚らない。
軍事大国化を推し進め、周辺国家に脅威と映ろうが、「自国の軍隊は防衛に特化」しているなどと平気でウソをつく。
防衛に特化した軍隊に航空母艦など不要。

こういう国家が直ぐ隣に存在する事を、考慮する必要が有ります。日本はこの場所から離れる事は出来ないのですから。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
日米関係をテーマとするシンポジウムが8日、都内で開催され、自民党の石破茂政調会長、アーミテージ元米国務副長官らが出席した。席上、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の早期決着を求める意見が相次いだ。
アーミテージ氏は普天間問題の決着が遅れた場合「日米合意が白紙に戻ってしまうのではないか。日米同盟、普天間問題が白紙になる」と懸念を表明。石破氏も、移設先を抱える同県名護市の来年1月の市長選に触れ、「安全保障を地域の選挙に委ねることは政府の責任放棄だ」と同市長選を待たずに鳩山由紀夫首相が現行計画を容認するよう早期決断を求めた。
司会を務めたグリーン元米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長も「普天間基地を今後20年、30年このままにしておくのは残念だし、危険だ」と指摘した。
一方、長島昭久防衛政務官は石破、アーミテージ両氏の意見について「非常に共通するところが大きい」とした上で、「日本の都合で海兵隊がどこ行け、あっち行けと本当に言えるかどうか」と疑問を呈した。 


日本は戦後60余年、多国間との紛争に巻き込まれること無く、平和のうちに世界第2位の経済大国となりました。
その平和は、よく平和憲法特に第9条のおかげだと言う人が居ますが、それは大きな間違いだと私は思うのです。

なぜかといえば、平和憲法といわれる日本国憲法は日本の再軍備を防止する為にアメリカが作った憲法だからです。
この日本国憲法は一度も改定されず、今に至っていますが、その内容について今の時代にそぐわない為に改正を行う為
安倍政権で国民投票法が成立しましたが、今の鳩山政権下では改正の機運さえ亡くなってしまっています。
憲法改正論議は、またの記事にしますが、日米関係のシンポジウムで普天間基地問題の早期解決意見が相次ぎました。

石破政調会長が言うように「安全保障問題を地域の選挙に委ねる事は政府の責任放棄」と言ったのは、当然の事です。

今の日本の安全保障は、日米同盟とその日米安全保障条約によるものが大きく、自衛隊は残念ながらその補助戦闘力と
なってしまっています。本来の自衛隊の存在意義とはかけ離れた状態に置かれているのは、極めて残念な事です。

日米安全保障条約に基づいてアメリカ軍は日本駐留しているのですから、民主党鳩山政権はその駐留している意味を
良く考えねば成らないと思います。この点からも長島政務官の疑問は当然といえましょう。
アメリカの「核の傘」を提供されながら、核廃棄を当然のように叫ぶのは如何なものか?なぜアメリカは核の傘を日本に提供しているのか?そういう点からも日本の安全保障をどうして行くのかを良く考えねば成りません。

もし、日米同盟が破棄され、アメリカ軍が日本から撤退してしまったらどうするか?
そうなれば、直ぐに中国が侵攻してくるのは当然です。鳩山首相は以前「日本列島は日本人だけのものではない」と発言し物議を醸しました。この言葉を中国が聞けば「なら我々が占領しても問題ない」と言う認識を持つでしょう。
当たり前です。
既に、東シナ海の日本領海内でのガス田開発で日本側からの共同開発や色々な抗議も突っぱねて中国の了解だと
既成事実を作っているのですから。

この先、中国が日本へ軍事侵攻したら・・・多くの中国人が日本に入り込み、多くのコミュニティをつくり外国人参政権に基づいて各自治体を手中に収める様に成るでしょう。そうなれば日本人は少数民族とされてしまい、今のチベットや東トルキスタンの人たちと同じ運命をたどる事に成ります。それで良いのでしょうか????

まぁこの様な事態に成るとはほとんど考えにくいことでは有りますが、でも日米同盟が揺らいでいるのを一番喜ぶのは
だれあろう、中国なのですから。もっと日米同盟は強化されなければなりません。東アジアの公共財だと、
何処かの首相が発言していましたが、まさにそうなのです。

日米同盟強化と、普天間基地問題早期解決が鳩山政権が取るべき唯一の道であると思います。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交・安全保障へ
にほんブログ村


社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は5日午前のTBSの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「重大な決意をしなくて済むよう全力で頑張る」と述べ、連立政権からの離脱を回避するためにも、県外・国外移設の実現に全力を挙げる考えを示した。( 時事通信社)



だから、どこへ移転・移設するのかって言うの!そのまえにとっとと、その「重大な決意」とやらをしてくれた方が
スッキリすると思うが。どうか?

岡田克也外相は5日午後、沖縄県名護市を訪問し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関する対話集会に出席した。この後、外相は那覇市内で記者会見し、「日米合意が実現できないときに信頼関係が維持されるのか。日米同盟の現状に非常に強い危機感を持っている。外相として何とか打開しなければいけない」と述べ、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画を変更した場合は、日米同盟関係に深刻な影響が及ぶとの認識を示した。
 外相は会見で「日米合意を一方的に白紙に戻すことで信頼関係がなくなると危機感を持っている」と強調。鳩山由紀夫首相から新たな候補地を探すよう指示されたことに関しては「そういうことだと、(日米閣僚級)作業グループもなかなか開けなくなる」と述べた。
 外相の沖縄入りは11月中旬に続いて2回目。普天間問題の解決に向けて地元の声を直接聴取するのが目的で、集会には民主党支持者ら約100人が参加した。(時事通信社)


岡田外相は、ようやく事の重大さに気が付いたのだと思います。ここで日米同盟が破棄とまでは行かなくても、
深刻な状態になってしまっては、日本の安全保障はどうなってしまうか?初めて解ったのではないでしょうか。

鳩山首相は新たな移転候補地を探す指示についても「日米ワーキンググループ」なる作業チームも開けないと言う。
泣きが入ったとでも言う状態なのかなぁ・・・

そもそもキャンプ・シュワブ沿岸への移設はすでに日米合意の下、現地住民の苦渋の選択のすえ決まった訳ですが、、色々な住民同士の葛藤もあっただろう事は、容易に察しが付きますよね。
そこへ、民主党が基地を辺野古ではなく県外に移設すると言えば、誰だって賛成するし民主党に投票するのは
解りきった事。なぜその時点で移設先をどこへもって行くかという話が出なかったのか?ただ県外移設だけで票を
獲得し、議席を確保するのは詐欺行為以外の何ものも無いと思いますね。

アメリカ側にしたって、辺野古併設すると言う前提条件で、アメリカ海兵隊のグアム移転を計画しているわけですから
その移転計画が、停滞してしまう事になるから、当然「なにやってんだ!」と思われても仕方ないところです。
だから日米WGの会合席上、ジョン・ルース駐日大使が岡田外相・北沢防衛相に対して「激怒」したと言うのは、ある意味当然です。

こんな日米同盟で、もしも日本有事が有った場合、どう対処しようとするのか?優柔不断・反米的な日本政府に対して
アメリカ軍の若き兵士が、進んで自ら「血を流す」事が出来るでしょうか?日本防衛はアメリカの義務とされていますが
やはり、そこには「信頼関係」が重要なファクターを構成すると考えられます。

鳩山首相はアメリカから見ると、韓国のノムヒョンやベネズエラのチャべス大統領のように反米的と思われているかも
知れない。そう思うと、今後の日本はもしかするとアメリカとの同盟関係が無くなり、中国の一部の様になっているかも・・・中華人民共和国日本自治区の様に・・・

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
昨日付けの毎日新聞の記事ですが、何かおかしくないですか?

関門海峡で海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦「くらま」と韓国船籍の
コンテナ船が衝突した事故で、佐世保地区労と社民党佐世保総支部、全日本港湾労組は20日、
海自佐世保地方総監部の加藤耕司総監あてに謝罪や原因究明を求める申し入れ書を提出した。

申し入れ書は、昨年2月のイージス艦「あたご」の漁船衝突事故に触れ「教訓が全く生かされていない」と指摘。早急な原因究明▽国民と港湾利用者への謝罪▽自衛艦の関門海峡通航停止あるいは夜間などの通航停止▽佐世保港湾での安全航行の具体策の明示--の4項目に文書での回答を求めている。

20日は、組合員や社民党市議ら約10人が総監部を訪れ「事故で4時間にわたり通航止めとなり、
港湾関係者は多大な損害を被った」「全国でも有数の難所を通航する必要があるのか」といった声が上がった。応対した宇仁健一郎総務課長は「迷惑をかけ遺憾に思う。安全には十分に注意していきたい」と述べる一方、上司に報告し正式に回答すると答えた。



この事故の原因は、護衛艦「くらま」に有りとでも言いたいのか?

教訓が生かされていないって言うけど、今回「くらま」は通常通り見張り員を配置し、事故防止に努めています。から教訓が生かされていないとかの話は通用しません。

原因究明って、そもそも事故の原因は韓国船籍のコンテナ船で、「くらま」側に原因は有りませんし、国民と港湾利用者への謝罪とは何でしょうか?謝罪すべきは韓国船籍側です。

事故を起こすから護衛艦は関門海峡を通すなと言うのは我侭すぎるでしょう。
4時間も通航止めになったから港湾関係者は迷惑した、だから護衛艦は通ってはダメって?なぜ?
じゃあ、何処を通れというのか?護衛艦だから通るなと言うのは、おかしな理論で如何に社民党が
国防を、蔑ろにしていると言う事ですね。

いずれにしても、事故の原因を作った韓国船側に申し入れをするのが本来の抗議なのに、
被害者側に謝罪申し入れをするなど、この連中は何処かの工作員か?と思わざるを得ません。

しかし韓国船側への抗議はしたんでしょうかね?

参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。