このままでは「日本解体」されてしまいますよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カチンスキ・ポーランド大統領が搭乗し、ロシアに向かっていた政府専用機がロシア・スモレンスク付近で墜落し
大統領を含む、乗客・乗員全員死亡という痛ましい事故が発生した。

ポーランド国民に対し、心から哀悼の意を表したい。

ところで、今回の大統領のロシア訪問は、旧ソ連によって行われた戦争犯罪・国家犯罪である「カチンの森事件」70年追悼式典に出席する為の、訪問だったそうだ。
この「カチンの森事件」はスターリン・ソ連によって第2次大戦前にポーランド軍将兵2万人がポーランド東部カチンの森で
虐殺された事件であり、当初ソ連はナチス・ドイツの仕業と喧伝したが、結局ソ連による犯罪である事が判明し、最近になり各種調査が行われていた。独裁者スターリンによって、旧ソ連はともかく周辺諸国の何の罪も無い一般市民を、そのほとんどが濡れ衣で逮捕し、シベリアなどへ送り込み一説には2000万人に及ぶ犠牲者を出したと言う。このことからスターリンは大犯罪者・虐殺者で
ある反面、ソ連をナチスドイツから守ったと言う面もあり、その評価は一様ではない。

2010年4月7日、プーチン首相はポーランドのトゥスク首相と共にスモレンスク郊外の慰霊碑に揃って跪き、さらに事件を「正当化できない全体主義による残虐行為」とソ連の責任を認めた。ただし、ロシア国民に罪をかぶせるのは間違っていると主張し、謝罪はしなかった。(ウィキペディアから転載)



上記の記事にも有るように、ロシア・プーチン首相は旧ソ連の責任を認めながらも謝罪はせず、今回の追悼式典で
カチンスキ大統領への発言がある意味、注目されていたが、今回の事故でそれも出来なくなった。

今回の事故では、機長が管制官の悪天候による他空港への迂回を承知せず、無理矢理着陸しようとしたのが事故原因の一つと
されている。ロシアとその前身である旧ソ連は「謀略」ならお手のものの国家である。古くはNKVDやKGB、現在ではFSVと言った諜報・謀略機関を保有しており、今回の事故ももしかすると機長がその要員だった可能性もありえなくは無い。

いずれにしても事故調査が待たれる訳で、その結果次第でポーランド・ロシア関係に影響が出る可能性も考えられるのではないだろうか。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 社民党の重野安正幹事長は9日午後、国会内で記者団に対し、麻薬密輸罪で死刑判決が確定した日本人3人の刑が中国で執行されたことについて「断定的に言うのは非常に難しいが、感情的にはいかがなものかという思いは強くある」と懸念を示した。
 国民新党の自見庄三郎幹事長も「中国の法律は日本の法律に比べれば(麻薬犯罪への量刑が)非常に重たい。その国の国内法を守るのが基本だが、国民感情としては少し複雑で、懸念するところがある」と語った。  政治・経済 時事通信社


麻薬犯罪への刑罰が重いのは、ある意味当然の事で感情的に言うべき問題ではない。懸念すると事が有ると言うのなら、
中国へ行って抗議すればよい。そんな事も出来ないのに国内で発言するのは如何なものか・

麻薬の問題は、中国のみならず日本国内でも重罰が加えられるべきものであるが、日本では比較的刑が軽い。だから再犯率も
高くなっている。それを阻止する意味でも死刑判決は致し方ないものとも考えられる。だから今回の死刑執行にしても
とやかく言えるものではないと思う。

が、中国の国内法を中国国民が守るのは当然のことである事を承知の上で言わせて貰えば、中国は死刑大国とよく言われる。
賄賂で逮捕された党幹部が死刑に処せられるのは、良くある事であるし日本のマスコミでも報道される事がある。
しかし、この判決が公平・正確であるなら問題は無い。ここが大きな問題である。今回の日本人死刑囚の死刑判決にしても通訳が
まともな通訳をしていないと言う指摘が、以前から言われており、日本政府としてはこの点を中国側へ指摘し、この問題が解決されていない限り死刑を延期もしくは刑の減刑を、要請すべき所なのではないだろうか?在外日本人の安全確保という面から言っても
こういう要望は政府として行う事が、当然の事ではないか?日本国民の命より日中関係の悪化を懸念すると言うのは、本末転倒。
日本国民の命を守るべき政府としての対応ではないと思う。関係悪化を懸念すべきは日本政府ではなく、中国政府なのである。

中国の法律は、国際標準に即したものではない。
それは、「領海法」と言われる法律に如実に表されている。尖閣諸島や南沙諸島など領土紛争を抱えている地域も自国領土であると明文化され、マレーシアやベトナムの抗議も寄せ付けず、歯牙にもかけない態度を取っている。それが中国なのである。

いずれにしても、中国国内の問題と言って片付けるのではなく、在外日本人の生命を守ると言う毅然とした態度を持たない
鳩山ミンス政権は、即刻退場願おう。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

鳩山由紀夫首相は3日午後、自民党の与謝野馨元財務相が新党結成に向けて離党届を提出したことについて「自民党さんも大変だなという思いはあるが、それぞれの政治家の政党活動は一人一人の信念の話だから、私の今の立場からコメントすることはない」と語った。また、「私としてはこの国を、国民の命を守る立場から、政府として(の職務に)専念していきたい」と強調した。視察先の大津市内で記者団の質問に答えた。  政治・経済 時事通信社



自分だって自民党にいたくせに良く言うよ。自分が今置かれている立場を良く考えろって。大変なのは自分も同じではないの?
政治家の政治活動は信念の話だからと言うけれど、あなたに信念はあるのかと問いたい。総理になって今まで、信念に基づいた
発言は、ついぞ聴いたことが無いけれど・・・

「この国を、国民の命を守る立場」って、どの国?どの国民?あなたが守らなければならないのは日本国であり日本国民である
事を、忘れずにいて欲しいですね。国民を守る「いのちを守る政治」だそうだから、きっとそうしてくれるんでしょう。ただし日本人以外になんでしょ。

日本国の総理大臣である以上、守らなければならないのは日本国と日本国民ですが、こんな解りきった事さえ実行できていない。
日本の領土の竹島は韓国に、北方領土はロシアに不法に占拠され、彼の島々には韓・露両国による実効支配が強化中である。
子供手当ても母国に子供を残した在住外国人にも支給する太っ腹。なのに日本人の子供でありながら、支給されない場合も有り。ミンスがやろうと躍起になっている、外国人参政権にしても人権擁護法案にしても、日本に住む日本人に不利になるような事を
やろうとしているのは、日本人を軽視しているからに他ならない。まぁ鳩ポッポは日本列島は日本人だけのものではないと発言、
しているくらいだから・・・

与謝野氏の新党がどういう方向に向かうか、それによって現在の政界がどう動いていくかは全く不透明ながら、日本の政治風土に
合わない2大政党制ではなく、政権を担える実力を持つ第3の政党に成長していく事が出来るかは、これから与謝野氏・平沼氏の動き次第。

何とか今の袋小路に陥った日本の政界に何か風を吹かしてくれる事を期待したいと思う。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は11日午前の常任幹事会で、外務省の有識者委員会が核兵器持ち込みなどに関する日米間の密約を認定したことに関し、「非核三原則の法制化も展望して、しっかり三原則の堅持を実現していこう」と述べ、将来的な法制化も視野に三原則の堅持を党として主張していく考えを示した。  政治・経済 時事通信社


非核3原則はいわば、日本の国是の様なもので、特に立法化をするような物でもない様に思います。

ただし、その前に社民党として日本の安全保障をどうするのかを真剣に考えるべきでしょう。
社民党の考え方は旧社会党と同じと思いますが、日本の非武装中立化を究極的に求めていくと言うものだったかな?
村山政権で自衛隊合憲に舵を切ったのは政権政党(当時)として、当然の事でしたが、政権を離れるとまた逆に戻り、
自衛隊違憲の立場となり、今の社民党の立場になった筈です。

鳩ポッポ政権で、イオン岡田が日米の核密約を暴露しましたが、でもアメリカの艦船が核搭載のまま日本領海に入り、
それも事前協議無しで、日本の港に停泊しても、ほとんどの国民は「たぶん核積んでんじゃねーの」程度の認識は
有ったんだろうと感じます。と言うのは今の日米同盟関係の維持を7割の国民が支持している。同盟の本質を見切っているとは
言い難いが、それでも日本国民の多くは、日本の安全がアメリカの核の傘に依存している事とアメリカ軍が日本を守っている事。
その二つを突き詰めて考えれば「核搭載艦船」が日本領海に入っても、反核団体やサヨクがいかに反対運動をしようともそれが余り盛り上がらない事を考えても、密約があったとしても「だからどうなの?」と言う空気が有るのだと思う。

外交関係に「密約」は付き物で、有る関係が成立すればその裏では、国民一般に解らない所で別の約束が成立するのは外交交渉として有りうる話。

元に戻って、3原則をしっかり守るのはいいけれど、日本に向けて核ミサイルが発射されるような事態が発生した時に政府がどう
対応するのか?日本の周辺に核兵器を持ち日本に「悪意」を持った国家が存在している以上、3原則を守っていたら日本は、その国の核兵器の格好の的になります。それで国家が守れるのか?よくよく考えるべきでありましょう。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

自民党の森喜朗元首相は27日、長野県信濃町で開かれた会合で、衆院長野3区選出の民主党の羽田孜元首相に関し「半身不随で動けない」と発言した。羽田氏は脳梗塞(こうそく)で入院したことはあるが、現在も政治活動を続けており、森氏の発言は不適切と批判が出そうだ。
森氏は、自民党が開いた「ふるさと対話集会」で「小沢(一郎民主党幹事長)さんも羽田さんも私も同期。長野県も偉い。半身不随で動けない人にちゃんと(票を)入れるんだから。それはさておいて、それだけ人情豊かなところだ」と述べた。  政治・経済 時事通信社



もともと、森氏の発言は不適切なものが多く、今までも数々の失言で知られてきました。

一番有名なのは、沖縄サミットでクリントン大統領へ開口一番
「How Are You?」(こんにちは)と聞くべきところを、「Who Are You?」(あなたはだれ?)と聞いたらしい。まぁそれだけでも
総理失格だが・・・
ホスト国の首相から「あんた誰?」ときかれては、クリントンもビックリだろうが。ジョークで返すのが外交的儀礼。
なので「私はヒラリーの夫です」と返した。それに対して森氏が「Me To!」(私も!)と答えたそうで、クリントン氏と森氏が、
ヒラリー氏を通じて日米首脳が兄弟となってはまずいよなぁ・・・

常にこの手の発言には、その発言の前後は飛ばして、その問題とされる部分だけ抜き出して批判する。マスコミの常套手段だが。
森氏の発言の前後関係がどうであるか不明だが、マスコミも発言の真意をもう少し考慮すべきではないだろうか?

それと、森氏の発言も批判されるのは致し方ない。72歳の高齢であればすでに一般社会であれば引退しているのに、いまだ政界
に君臨しているのは、如何なものか?羽田氏も本会議では足を引きずりながら投票しているのを見ると、言われてもなぁ・・・
と思わざるを得ないんですが。

森といい、羽田といい、そろそろ引退じゃないの。

参加しています。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。